サイトをリニューアルしました

劇場行くならココに行け!サンクトペテルブルクの超有名劇場

サンクトペテルブルグと言えばマリインスキー劇場、というイメージを持っている人も
多いのではないだろうか。しかし、芸術都市と呼ばれるからには、ペテルブルクには多くの劇場が存在する。
今回は、その中でも「ミハイロフスキー劇場」と「アレクサンドリンスキー劇場」を紹介する。
どちらも規模が大きく、オペラとバレエを楽しむことのできる劇場だ。

※画像は https://mikhailovsky.ru/media/photo/history/ より引用


サンクトペテルブルクの超有名劇場

ミハイロフスキー劇場


※写真は https://mikhailovsky.ru/media/photo/theatre_today/ より引用

ネフスキー大通りから少しわき道にそれると、文豪アレクサンドル・プーシキン像がある広場に差し掛かる。
この芸術広場「Площадь Искусств(プローシャチ・イスクーストフ )」は、その名の通り、ロシア美術館やサンクトペテルブルグ・フィルハーモニーなどの文化的建物に囲まれている。
ミハイロフスキー劇場もその建物のうちのひとつだ。

1833年に建てられた歴史あるオペラ・バレエ劇場。
劇場の名称は、ロシア皇帝パーヴェル1世の四男である、ミハイル・パヴロヴィチにちなんでいる。
彼のために建設されたミハイロフスキー宮殿は、現在ロシア美術館の本館だ。

ミハイロフスキー劇場はお得な学生割引を実施している。劇場窓口でロシアの大学の学生証を提示すれば、
指定された公演のチケットを割引価格で購入できる。割引が適応される公演は公式サイトで随時発表される。

公式サイト

公式ホームページにてオンラインでチケットの購入が可能。
英語・ロシア語対応
https://mikhailovsky.ru/en/

アクセス

メトロ青線「ネフスキー・プロスペクト(Невский Проспект)」駅から徒歩3分。

アレクサンドリンスキー劇場


※写真は https://www.culture.ru/institutes/10163/aleksandrinskii-teatr より引用

ネフスキー大通りから、エカテリーナ2世像のある広場を抜けたところにある劇場。

1756年に創立されたロシア最古のドラマ劇場の一つである。イタリア人の建築家ロッシによって設計された
建物は非常に美しく、この劇場を含むサンクトペテルブルグ歴史地区は1990年に世界遺産の文化遺産
として登録されている。

チェーホフの『カモメ』は、1896年にここアレクサンドリンスキー劇場で初演がなされている。

多くの劇場は夏季に公演休止期間があるが、アレクサンドリンスキー劇場は8月などの時期に観光客向けの
バレエの公演を行っている。劇場が営業していない夏季にサンクトペテルブルグを訪れる予定の人は
ぜひチェックしてみよう。

公式サイト

公式ホームページにてチケットの購入が可能。
英語・ロシア語対応
https://en.alexandrinsky.ru/

アクセス

メトロ「ゴスチーヌィ・ドヴォール(Гостиный Двор)」駅から徒歩5分。


まとめ

今回紹介した劇場は、マリインスキー劇場劇場に比べて圧倒的に立地が良く、チケットも比較的安価だ。
マリインスキー劇場は少し敷居が高く感じられるという人はまず、これらの劇場に足を運んでみてほしい。

著者:田中真奈美

最新情報をチェックしよう!